本文へジャンプ
大祓
6月は大祓の時期です

大祓とは年に2回、6月と12月に行われる神事です。半年ごとに、身についた嫌な事を祓い除け、その後半年の健やかな暮らしをする為のお祓いです。

人の形をした紙に名前を書き、息を吹きかけ、体をなでて、大鳥神社に納めます。この用紙は、神社に用意してありますので、家に持ち帰り、家族皆さんでおやりになり、6月30日までに社務所にお届け下さい。魔よけのおふだを差し上げます。


写真の輪は「茅の輪」(ちのわ)と言いまして、茅(かや)でつくります。
「すさのうのみこと」が、旅の宿を世話してくれたお礼に、「そみんしょうらい」に茅をお守りに授けました。
村が疫病で全滅した時、「そみんしょうらい」一家だけが助かり。それ以来、茅には魔よけの霊力があると信じられました。
この輪をくぐることを「茅の輪くぐり」といいます。この行事を行うことで、まがごとを払い除け、疫病や暑さで体調を崩しやすい夏を乗り越える訳です。大鳥神社では6月15日ころより6月30日まで設置する予定です。